top of page
  • 執筆者の写真かみいし たかゆき

超音波と衝撃波

7/8(土)はクリニックをお休みにして、有志の理学療法士/作業療法士さんたちと、日本整形外科超音波学会という学会に参加してきました。



整形外科医や理学療法士などのセラピストがエコーについて発表したり、最新の診療・情報を発信したりする学会です。


ヤル気まんまんの医師やセラピストが参加する学会だと思っています。



今、整形外科診療では超音波装置(エコー)を使うことがかなりススタンダードになってきています。


かつて(今でもですが)整形外科と言えばレントゲンという印象だと思います。


レントゲンもとても大事ですし、しっかりとよくレントゲン画像を見るといろいろな情報を教えてくれます。


しかし、そこにエコーが加わることで、レントゲンで見えないものがエコーでは見えるので、さらに診療の質が上がると思っています。


当院でもエコーをよく使用しています。


学会で刺激を受けて、さらに有効にエコーを使っていきたいと思います。



そして衝撃波



衝撃波もとても有効な治療だと思っています。


エコーと組み合わせて使うような発表もありました。



当院では拡散型圧力波と言うちょっとマイルドな衝撃波を導入しています。


主に、リハビリテーションで使用しています。


安全性が高く、非常に多くの疾患で有効ですし、拘縮という関節が固くなってしまうような症例にも有効と言う報告がたくさんあります。


出来る限り、最新の治療を最良の形で患者さんに届けられたらと思っています。


そのためには、日々勉強が必要ですね。


これからも引き続き勉強して、患者さん達に還元していけると良いなと思っています。





閲覧数:323回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page