top of page
  • 執筆者の写真かみいし たかゆき

良いスタッフ


今週、有給休暇を取得して名古屋の整形外科のクリニックに見学に行ってきました。


大学時代の先輩で、尊敬する整形外科のドクターがいる所です。


ドクターの臨床を学びたいというのはもちろん、クリニックの運営やスタッフについても見てみたいと、睡眠不足をおして始発で名古屋に行ってきました。


そのクリニックは、かみいし整形外科クリニックでやりたいと思っていることが、たくさん詰まっている素晴らしいクリニックでした。


診察室はうちと同じく3つ


メディカルクラークシステムを導入しています。


広いリハビリ室があって、理学療法士さんがたくさん。




どのスタッフも、ムダがなくてきぱきと、とくに何を指示されるわけではないですが、入れ替わり立ち代わり、ムダなく動いています。


患者さんが次から次へと診察室に誘導されて、どんどん診断・治療がなされていく。


高いレベルの診療を、効率よく行っていく。



メディカルクラークさんがカルテを入力していて、そのあと患者さんの案内に行ったと思ったら、次の患者さんの時には、受付の制服を着たスタッフがいつの間にかメディカルクラークの位置にいて、その役割をしている。


と思ったら看護師さんに変わっていて、


さらに途中でメディカルクラークさんが帰ってきてバドンタッチ。


うーーん、流れるようなスムーズさ。


とても自然です。



ここまで来るのには時間と労力がかかったと思います。


実際、ここまで来るには大変だったと、おっしゃってました。


開院されて11年。


ドクターは患者さんに集中してます。



スタッフが自ら考えて動けるように、クリニックで考えを統一しないといけないですね。


みんなが同じ方向を向くように


良い医療を行うにはどうしたらよいか、しかも効率よく。


とても勉強になりました。


すごく刺激も受けました。




ついつい文章も長くなってしまってすいません。


悩める日々は続きます・・・・






閲覧数:320回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page