top of page
  • 執筆者の写真かみいし たかゆき

理学療法士さんのお仕事


これからの整形外科クリニックには、理学療法士さんが必須です。


リハビリテーションはとても重要です。


内服薬や湿布・注射治療だけでは不十分で、リハビリテーションを一緒に行ってこそ、治療の効果を最大限にすることができると思います。


整形外科医と理学療法士が協力して治療にあたることで、患者さんの痛みや苦痛を「Speedy」に取り除き、素早く「Happy」になってもらう、これが当院のモットーです。


とくに、リハビリテーションにおけるエコーの使用と、湘南地区ではまだめずらしい拡散型圧力波装置(RPW:Radial Pressure wave)を導入する予定です。


しかも現状ではRPWを2台導入することを考えています。


RPWを2台導入するのは、全国の整形外科クリニックでもかなり珍しいと思います。


このRPW,は安全性が高く、適応が広く様々な疾患に対する有効性が報告されています。


とくにアスリートはじめ、レクリエーションレベルでもスポーツをしている人、スポーツをしている人でなくても、様々な筋・腱障害に有効で、肩痛、腰痛、膝痛など一般の方のよくある症状にも有効ではないかと考えて当院では力を入れています。


RPWのスキルを身に着けたい理学療法士さん、大募集です。

(RPW2台も購入したのに理学療法士さんが一人もいなかったらはまずいかな・・・)



エコーも、理学療法士さんが手軽に使えるようにコードレスエコーの導入を考えています。

自分の行っている施術がどのような効果をもたらすか、エコーを使うと見えないものが見えてきます。

エコーもRPWも初心者の方で構いません。


あと、女性の理学療法士さんも大募集です。

やはり、女性の方にリハビリをお願いしたいと希望される女性患者さんもいらっしゃいます。


リハビリ以外では、手が空いているときには問診の補助や、リハビリ機器の簡単なお手入れ、リハビリ室の簡単な掃除など常識の範囲内でお願する予定です。



ちなみにリハビリ室は130平米以上できるように設計を考えています。

広いリハビリ室で、一緒に「Speedy & Happy」を目指して頑張りましょう。


スタート時は理学療法士さん4人くらい来てもらえたらいいなと思っています。

もちろん、もっと多くてもいいんです。

リハベッドを10台は入るように設計しています。


まずはホームページの求人情報から気軽にお問い合わせを。



給与や有休など具体的な条件はもう少しお待ちください。

ホワイト企業目指して頑張ります。



閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page