top of page
  • 執筆者の写真かみいし たかゆき

放射線技師さんのお仕事

更新日:2022年12月17日


開業のはじめから放射線技師さんを雇うかどうか。

難しい問題です。

もし、クリニックがガラガラだったら・・・・

でも当院では思い切って最初から放射線技師さんに来てもらえたらと募集することにしました。


仕事内容は当たり前ですが、レントゲンの撮影がメインになります。

あと,骨密度測定。

当院では腰椎と大腿骨のDEXAが測れる、GE社製のDEXA装置を入れる予定です。


レントゲンは天井走行式かCanonの天井-床走式で、横方向のストロークが長いタイプを予定しています。

膝蓋骨のスカイラインビューはもちろん、大腿骨の軸写も可能です。

膝や腰など立位と臥位で評価が異なるものなど、やはり整形外科医としてこだわって撮影したいと考えています。


整形外科クリニックの多くはユニバーサルタイプと言って、立ったまま撮影する装置を導入しているところがありますが、確かに立ったままどんどん撮影できるので効率は良いのですが、こだわった撮影はできなくなり、ある程度妥協しないといけません。

クリニックレベルではほとんど問題ないのですが、やはりそこはこだわりたいと思いユニバーサルタイプの撮影装置は避けました。


勤務としては、常勤だけでなくパートの方にもお願いしようと考えています。

ご興味のある方は、ホームページの求人情報から「今すぐ問い合わせる」をよろしくお願いします。

具体的な給与や勤務時間、記載していなくてすいません・・・

今、いろいろ考えていますので、もう少しお待ちください。




閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page